Skip to content

ノイズ対策にも効果的な基板用端子について

基板用端子とはプリント基板に実装して利用する端子の総称です。

プリント基板に直接コネクターを取り付ける事で、プラグ側をコネクターに差し込めば、
線材を1本ずつ半田付けする手間が省けますし、
修理を行う時など基板単体でチェックを行う時も、半田付けを1本ずつ取る作業が要らなくなります。

また、基板用端子の中にはチェック用端子もありますが、チェック用端子は直接半田面にリード線などを取り付ける事なく、
チェック用端子に測定具や信号発振器を接続出来るので、
製造時は勿論の事、修理を行う時にも工数削減効果を期待する事が出来ます。

基板用端子の中には、オーディオ機器に利用が行われているRCAピンジャックやスピーカーターミナルなどもあります。

これらの端子は、シャーシーにネジ止めを行ってから、端子にリード線を半田付けして、プリント基板との通信処理を行う事になります。

ハーネスの位置などが遠くなると、線材はより長く伸ばした形で取り付けなければなりません。

線材の引き延ばしが長くなるとノイズを拾いやすくしてしまうなど、性能的にもよろしくありません。

スピーカーターミナルやRCAピンジャックの基板用端子を利用する事で、直接プリント基板に取り付ける事が出来るので、取り付け工数の削減やノイズを拾わないなどの性能維持にも役立てる事が出来ます。

尚、基板用端子は電子部品を販売している通販店を利用する事で購入が出来るので、電子工作の時などにも便利です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です