Skip to content

基板用端子の種類や選び方

基板用端子は、他の基板との接続や各種インターフェース用途に実装されるほか、デバッグ用途にもよく利用されます。

他の基板との接続の際には、
オス型とメス型を実装することで直接嵌合するか、もしくはケーブルで接続します。

電子部品販売サイト等で単品での購入が可能ですが、購入単位が少ないほど1個あたりの価格が高くなるため、
大量に購入した方が安く入手することができます、ピン間のピッチは規格で定められており、基板に実装する際のスルーホールやジャンパーピンのハウジングは、それらに適したものを使用します。

電気的な抵抗値が小さいため、通常は大きな問題になることはありませんが、クリティカルなパスを通す場合は限りなく抵抗値の小さな素材を選択するなど、
ある程度考慮する必要があります。デバッグ用途には、基板用端子の中でもピンヘッダを用いるのが一般的です。

ピンヘッダはジャンパーピンとも呼ばれ、基板上の信号のモニター用途や、ジャンパーピンを用いた信号のレベル固定に使われます。

主に1列タイプと2列タイプが存在し、他の基板との接続やデバッグ用途で利用する場合は、2列タイプを使用するのが一般的です。

信号をモニターするにはオシロスコープ等を用い、プローブの先を基板用端子の金属部分に固定します。デバッグ用に実装した基板用端子は、試作段階のみで使うこともあり、この場合は量産品では実装しませんが、保守を目的として意図的に実装されることも少なくありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です