Skip to content

製品に合う金属ワッシャーの注文の仕方

金属ワッシャーは機械製品や電化製品には必要不可欠な存在ですが、それを専門的に製造してくれるメーカーが存在しており、そこで特注品の依頼を行うことも可能です。

元々は規格サイズが決まっているのが一般的でホームセンターや資材を扱う専門店で大きさが決まっているのを置いていますが、
どうしても製品の種類によってはそれに適しない場合もあります。

そういった場合には、独自の金属ワッシャーを用意する必要があり、それを製造できるメーカーに依頼することが重要です。

金属ワッシャーの専門メーカーでは、お客さんの希望に添えるようにお問い合わせ窓口を設けている場合があります。

仮に自社の製品に適した金属ワッシャーを用意する必要性が生じた場合、試作品のワッシャーを数点ほど用意してもらい、それを自社の製品に適合するかを見ていくことが必要です。注文自体はサイズや形状が決まれば、比較的に簡単に行うことも可能で、現在ではネットで注文を受け付けてくれるメーカーも存在します。

まずは相談から始めて試作品を注文し、その後にまとまった数量の量産化に至る流れになります。

コストも大きさや形状などで違いが生じることが多いですが、比較的に安価で購入することも可能です。

自社で開発した製品が販売個数が増えていけば、それに応じて注文できる体制を構築することもできます。そのため、機械製品や電化製品を開発するメーカーは、金属ワッシャー、ボルト、ナットなどの一式を外部のメーカーに委託して賄うことも多かったりします

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です