Skip to content

コネクタ式やピンなどの種類が豊富な基板用端子

基板用端子にはリード線を簡単に装着および脱着可能なコネクタ式やテストピンとして利用するタイプなどの種類があります。

一般的に端子とは1つのプリント基板内にある信号線の末端部分に取り付ける部品、
末端の先は他の電子回路を持つプリント基板に接続が行われるもので、ハーネスとして利用するのが基板用端子としての役割を持ちます。

チェック用や調整用などの基板用端子の場合は、端子にオシロスコープのプローブを接続して、
波形や電圧の測定を行う時に利用するもので、信号線の末端の場合もありますし、信号線の途中に端子を設けるケースもあります。

電子回路の中には正弦波や矩形波などの信号を発信する回路もあります。

正弦波は波状の波形で、時間軸が一定になっているもの、矩形波は立ち上がりと立ち下がりの時に、
時間軸が一定の時間を維持するものなど、オシロスコープで状態を確認する事が出来ます。

基板用端子は、プリント基板に利用する、プリント基板専用の端子の総称であり、
ハーネスとして利用するコネクタ式もあれば、
チェック用端子として利用するピン式タイプもあるなど様々です。

ちなみに、電子回路の中には1つの信号線の途中を切断しておいて、特定のモードに切り替える時にショートする回路もあります。

普通に利用する時には接点が離れているけれど、調整時に利用するテストモード時には接点をショートするなど、ピン式の基板用端子を利用すれば簡単にショートさせる事が出来ます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です