Skip to content

金属ワッシャーについて

金属ワッシャーとは、ボルトやナットと共に使用される部品です。

日本語では座金とも呼ばれます。形状は平たい円形のものが一般的で、中央には穴が開いています。

他にU字角型のものや、ばね状になったスプリングワッシャー、ギザギザした歯付き座金、波型に加工されたウェーブワッシャーなどがあります。

材料は鋼やステンレス等の金属で作られる金属ワッシャーが多く、絶縁性を持たせたい場合はプラスチック製や紙製のものが用いられます。

大きさは一緒に使用するボルトやナットに合わせ規格化されており、様々なサイズがあります。

用途として、座面の陥没やゆるみの防止があります。金属ワッシャーを用いずボルトを締めると、ボルトの頭の部分だけではボルト付けした所、いわゆる座面への面圧が大きく、陥没やゆるみの原因になります。金属ワッシャーを用いて接触する面積を増やすことで面圧を下げ、これらを防ぐことができます。

金属ワッシャーには表と裏、角に少し丸みを帯びた面と、バリが出ている面があります。これはプレス加工によって生じるもので、使用上どちらを座面側にするかといった決まりはありません。

しかし、座面との接触面積を増やすという観点からはバリ側を座面にあてるほうが一般的かと思われます。また、この向きなら外側からバリが見えないので美観的にも好ましいかと思われます。例外として、バリによって座面が傷つくことを避けたい場合は丸みを帯びた側を座面側にすべきです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です