Skip to content

金属ワッシャーとスペーサーの違いと特徴とは

金属ワッシャーは座金と言われており、ボルトとナットで締め付ける際に利用される物で、それがあることで様々なメリットをもたらします。

ボルトが座面に陥没することを防いだり、ボルトとナットが振動などで緩むことを防止することが主流です。

特に金属でできた金属ワッシャーだときつく締めることができることで安定度も増すため、電化製品や機械器具など様々な製品でもよく使用されます。

形状も様々なタイプが存在しますが、棒状のボルトにはめ込んで使うため、形状が円形になっているのが主流で、他にもU字型のタイプも見ることもできます。

ボルトとナットを外すと必ずそれがボルトにはめ込まれており、分離できることも多いですが、分離できないタイプの物も存在します。

分離してしまうと再度、ボルトとナットを締める時にそれをはめるのを忘れるケースもあるため、注意が必要です。

スペーサーも金属ワッシャーと同じ様にボルトやナットで締め付けて使用されることも多いですが、その直径より厚みが存在するため、ボルトとナットの間までの距離を保つことが可能です。つまりボルトにはめ込んでも厚みのある分だけ長くなるので、二つの部品などで距離を設けたい場合や位置を固定したい場合には重宝することもできます。

金属ワッシャーやスペーサーの入手の場合、規格サイズが決まっているのがほとんどで、通販サイトやホームセンター、電気材料専門店、資材屋などでも入手することが可能です。

また金属ワッシャー専門店もあるため、特注品の依頼もすることもできます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です