Skip to content

金属ワッシャーの役割と種類

金属ワッシャーとは、ボルトとナットを締め付ける際に、ナットの下に入れる、金属製の薄い板状の部品です。

ナットが空回りするのを防いだり、締めるボルトと部材のなじみをよくする役割があります。

ボルトの径に応じて規格が決められ、どこの箇所に用いられるか、どのような効果を期待されるかによって、その役割も違います。

金属ワッシャーの中でも、最も一般的なものは「平座金」です。これはねじやボルトの大きさに対して締め付ける材料が大きい場合や、締め付ける力に対して、ねじ・ボルトの頭部の座面の大きさが満足に得られない場合に使われます。

座面の面積が大きくなることによって、締め付ける部分の安定や密着化が高まり、さらに座面部分の陥没を防止する効果が期待できます。

次に「スプリングワッシャー」と呼ばれるものです。これは自身に切れ込みがあり、弾力性を持っていることによって、ばねの作用による反発力で締め付ける部分に食い込み、ゆるみを抑えることができます。

その食い込みにより、部材に傷が付くことを防ぐ目的で、平座金と組み合わせて使われます。

スプリングワッシャーには、摩擦によるゆるみを防止すると同時に、もしゆるんでしまった際の脱落防止の効果があります。

「ノルトロックワッシャー」という、特殊な形状をしている金属ワッシャーもあります。

これは2枚のワッシャーが重なる形をしており、強力なゆるみ止めの効果が得られるものです。

平座金やスプリングワッシャーと同時使用はできませんが、ギザギザの面を持つ2枚のワッシャーが、摩擦によるゆるみ止め効果を大きく発揮する、スウェーデン製の金属ワッシャーです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です