Skip to content

重要な役割を持っている金属ワッシャー

金属ワッシャーは座金とも呼ばれており、ボルトとナット間に差し込んで使うもので、家電から工業製品まで様々な製品に使われています。

特にネジは産業の米とも呼ばれる貴重な存在ですが、
そのネジの締め付けなどで金属ワッシャーをクッションにしてなじませることで、
ネジが外れるのを防ぐ働きもあります。

つまりきつく締めた場合のボルトとナットの間に定着させることで、
強固な締めを実現するのに欠かすことができない存在です。

金属ワッシャーの種類は豊富であり、平座金・ばね座金・皿ばね座金・歯付き座金などが存在し、様々な用途に合わせて製造されています。

金属ワッシャーの用途は、ナットやボルトの頭が陥没するのを防ぐ座面の保護の役割があります。

またナットやボルトの緩みが生じますがそれを防ぐ働きや機密を保つために用いられ、さらには電気端子などの絶縁の働きもあったりします。

なお電気的な接点に使われるものとしては、卵ラグと呼ばれるものが存在し、これは平座金をベースにして導線など金属線をはんだ出来る部分があり、電気製品で多用されることが多いです。

もっとも電気製品では電気を流れやすくする必要があるため、端子に設置しやすくする卵ラグを使います。

座金に似た形状をしていますが、電気的な用途となります。金属ワッシャーは、国内ではネジ工場などでボルトやナット、ネジなどと一緒に製造されますが、規格が決まっている特徴があります。サイズなどの規格が合わないと緩みがちになったり、本来の期待すべき用途として用いられなくなるケースもありますので注意が必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です