Skip to content

金属ワッシャーの種類と使用目的

金属ワッシャーとは、一般的によく目にする物では円盤状で中心にボルトなどのネジを通す穴が開いている平べったい物で、鉄やステンレス、アルミなどの金属製の物であるとイメージするとわかりやすいです。

この平べったくて中心に穴が開いた円盤状の物は平ワッシャーと呼ばれ、
他の種類の物としては平ワッシャーの一部を切断してねじり、
段差が付いたような形のスプリングワッシャーや、平ワッシャーが波打つように曲がった形状の波状座金や、ワッシャーの外周及び内周がギザギザと歯が付いたような形状で先端がねじられている歯つき座金など様々な種類があります。

金属ワッシャーの使い方としては、
ボルトとナットを使用して物を締め付ける際に、締め付けたい物とナットの間にワッシャーを入れて緩み止めとして使うのが一般的で、
直接ボルトやナットを締め付けて物を傷つけない様に保護する為にボルト側とナット側の両方に平ワッシャーを入れる場合や穴に対してボルトとナットが小さい場合に平ワッシャーを入れて締め付ける力を分散させてきちんと物を締め付ける場合などがあります。

保護や緩み止め、
圧力の分散としては平ワッシャー、特に緩み止めの効果が欲しい場合にはスプリングワッシャーや波状座金や歯つき座金を用いる事が多く、使用の際の注意としては平ワッシャーは締めすぎによる変形に注意する事が必要であり、スプリングワッシャーは締めた際に物に対して傷を入れてしまう事があるので傷を入れたくない場合には平ワッシャーを入れた上に使用する事、波状座金はスプリングワッシャーよりも薄いので汎用性は高いが平らに変形しやすい事、歯つき座金はねじってある先端部分を完全に潰してしまわないことがあります。

用途をきちんと守れば車やバイク、日曜大工で金属ワッシャーを有効に活用でき、安心して物作りやカスタムに取り組めて新しい楽しみが見つかります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です