Skip to content

金属ワッシャーのIT/通信関連での使われ方

一口に金属ワッシャーと言ってもその材質は鋼・ステンレス・真鍮・特殊鋼材と数種類有ります。

最もITや通信事業にて使用される金属ワッシャーは鋼・ステンレスが多く占められます。

一般の鋼製ワッシャーは物を固定する場合により確実な締結を目的に使用され鋼製のワッシャーにメッキ等の表円処理にて防錆効果を持たせた物が一般的です。

ステンレスワッシャーは価格も材料費が鋼より高くとくにその耐食性の良さから外部のカバー類を留める用途が多いでしょう。

ステンレスにもパシフェート処理と言うある種の表面処理が施されます。

これは不導体処理と言いより耐食性を上げる目的と外観がピカピカになる処理となります。

真鍮製ワッシャーは真鍮の通電率の良さからアースを取る配線止め等に使用されますがこちらもメッキによる表面処理が一般的に施されますが通電性重視の場合はニッケルメッキが多く使用されます。製造方法は何れのワッシャーもプレス加工により生産される多量生産方式ですが鋼製の場合は材料でコイル材がありプレスでもほぼ全自動のプログレッシブ(順送)プレスが使用され何十万個と言った大量生産されますが、中にはより安く作るため特にステンレスや真鍮の場合、材料費が高いため、コイル材でワッシャーを生産することは先ず無く端材を使用してコスト重視で生産されます。

この様に金属ワッシャーの使用目的は非常に多岐に渡っており、通信事業等の現場作業の環境下で必要となる金属ワッシャーの材質を選んでおく必要が有ります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です